ブログ

今までの仕事で一番嬉しかったこと/辛かったことは?

こんにちは。総務の石橋です。

またまたアンケートシリーズです。
では早速、今回のお題はこちら!!

「今までの仕事で一番嬉しかったこと」
「今までの仕事で一番辛かったこと」

Q:今までの仕事で一番嬉しかったことは?

  • 入社1年目の夏に環境分野商品の販売活動を行い、1台目・2台目と受注が続いたこと。
  • 未知数だった画像検査装置案件を一人で形にし、納入できたこと。
  • わからない事がわかったとき。
  • お客様から今後(将来)に役立つ確信を感じる声を聞くとき。
    設備販売をするうえで、そのものの価値について。
  • この会社で初めて新しい顧客を開拓し、最初の注文を頂いた時。

 

Q:今までの仕事で一番辛かったことは?

  • 環境分野商品のデモ1件目が決まるまで時間がかかったこと。
  • 仕様書(装置の説明や使われている機器の紹介など)を取りまとめる作業。
  • 大体、人の間に入ること。
  • 知識がない中で、トラブルを解決しなければならない時に、
    役に立つことが出来ず謝るしかなかった時。
  • 撤退しなければならない時。

 

”嬉しかったこと”に関しては、
人は「初めて何かが出来た時」「初めての成功体験」の回答が複数あったので、
嬉しかった感情と共に強く記憶に刻まれる事が多いのだなと思いました。

そこに至るまでの過程で色々試行錯誤して悩み苦しんだからこそ、
成功の喜びもまた大きいのだと思います。

 

”辛かったこと”も、大抵どんな仕事であっても何かしら付いて回るものですが、
その経験は本人の糧になっているはず。

そういった過程を経て、
営業の経験値だけではなく、技術的な知識やスキル、
自ら考える・問題を解決する能力を身に付けることが出来るのかもしれません。

これから個人が自律的にキャリア形成をする時代においては、
どうせなら働くこと全てを成長の糧にするぐらいのマインドで良いのではないでしょうか!

 

サンゲンの説明会で、実際に働く先輩から直接色々エピソードを聞いちゃいましょう!
まずはお気軽にエントリー・ご連絡下さい!