ブログ

理念ブログ第5回 Vision3について

いつもサンゲンのブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。
新経営理念が完成し、
「社員1人1人がこういう思いで仕事に取り組んでます!」
という思いをお伝え出来たらと考えております。

本日はVision③「意識改革による働き方改善」についてです。

こちらのVisionは紆余曲折あり、
最終的にこのような表現に落ち着いたというのがリアルな話です。

会社経営でよく耳にする「ヒト・モノ・カネ」とヒトに該当するVisionとなります。

昨今の世、働き方改革と大鉈を振るようにあちらこちらで叫ばれておりますが、
弊社も変化に対応していかなければならないという覚悟の現われです。

・会社が社員に対し何ができるのか?
→社員がより働きやすい環境づくりを目指す必要がある
・社員自身は従来通りのやり方で良いのか?
→1つ1つの仕事の必要性、優先順位などを考える必要がある

両方からのアプローチで、より働きやすい環境の追及、時代に沿った働き方など
短いメッセージにこのような想いを含ませております。

執筆者としては、非常に語りにくいVisionという認識です。
社員・会社の両方の意見があり、どちらにも言い分があります故、
納得・落とし所の結果は難しくなる予感がします。

ただ、社内の誰もが意見を出し合い、考える組織になっていけば
自ずと「未来をデザイン」していくというミッションを
体現出来るのではないかと思いを馳せております。

今回までVision3つをご紹介しましたが、
次回からはPolicy(行動指針)に焦点を当てたいと思います。

当ブログでは、当時の話題/決定までの経緯/込めた思いなどを皆様に知って頂ければと思い、随時更新して参ります。

今後とも宜しくお願い申し上げます。