ブログ

理念ブログ第1回 - Missionについて –

2018年から掲げてきた経営理念が3年の節目を迎え、この度10月から新たな経営理念を導入しました。mission(使命であり長期目標)vision(目指す姿であり中期目標)policy(行動指針)の形式を引き継ぎつつも、より繋がりを明確化し、言葉にしたのが今回の理念の特徴だと言えます。

105日に行った新経営理念発表会の場だけでは伝えきれなかった想いや、制作過程の秘話などを週に一度ブログで綴っていきます。

第一回はmissionに込められた想いについてです。

新経営理念の作成は65日から進めてきました。前の理念の振り返り・込められた想いを今一度確認した後に、新たなMissionについての話し合いを始めました。まず理念とは何かを考え、「自分がいなくなっても残る指針」・「会社が一つとなるもの」であると位置づけました。次に新たなMissionを考えましたが、「未来をデザインする」という言葉に込められた意味と社長の想いを尊重したいということで満場一致したため、引き続きMissionとして掲げると決めました。
そんなMissionに込められた想いをもっと理解してもらいたい、ということで「未来をデザインする」について再度社長の想いを確認し、補足文章を加えました。(次回のブログで!)

まず未来という言葉には、自分の未来・会社の未来の2つ意味が込められています。働く11人の人生理念と経営理念を重ね、個人の幸せと会社の発展を並行して実現していきたいという社長の思いがありました。その2つがかけ合わさった状態を未来という言葉にまとめ、前へ進んで行くのが我々の掲げるMissionです。自分の人生を豊かにすることを考えるとプライベートの〇〇(趣味,過ごし方)を考えますが、多くの時間を費やす仕事の時間を良いものに、そして「最高の今」を生きていこうという社長の想いが込められています。 11人が玄人(プロフェッショナル)であるという創業の精神に加え、今後はより11人が輝き・認められる会社を目指し、共に製品,サービス,戦略を設計(=デザイン)していく会社として成長を続けていきます。

以上がmissionに込められた社長の想いです。そんな想いを受け止め、より伝わるようにと補足文章,Vision,Policyを作成しました。

来週のブログでは、補足文章の話を綴ります。

第1回目の理念ブログは安藤耕太郎が担当しました。ありがとうございました!